top



沢山加えるのは愛情と手間だけ

化学系の農薬は使用しないので虫食いがある場合があります。
出荷のときにはもちろん確認をしますが虫がついている場合もあります。しかしそれだけ安全な証拠でもあります。
よく農家は自分達で食べる野菜と商品にする野菜は別にするとか言いますが、さいきのやさいは全て同じように自分達が食べる野菜と区別なく育てています。
さいきのやさいでは化学系農薬や化学肥料を使わない分だけ手間をかけて野菜が元気に育つようにしています。
使う肥料は米糠、菜種油かす、牛糞、籾殻と野菜くずを発酵させたもののみで化学肥料は一切使用せずさいきのやさいオリジナルの肥料です。




種から育ててます

野菜はほぼ全て種から育てています。
種から苗にするまでが結構神経を使い苗が育つ温度や湿度を間違えるとその後十分に育ってくれません。
一日数回苗の状態の確認と温度湿度の管理のためにハウスに行きます。
もちろんこの段階でも化学系農薬や化学肥料は使用しません。



太陽の光をいっぱい浴びて

畑に植えたら沢山お日様と美味しい水を吸収して大きく育ってくれます。
さいきのやさいでは日本最古の農業用水路の裂田の溝から水を引いています。
化学系農薬や化学肥料を使わないので、その分色々しないといけないことがあります。
下記の写真右側は中耕と言って、作物と作物の間の乾いた土を耕して柔らかい土にする作業でこの作業をすることで野菜が水を吸収しやすくなり同時に除草することもできます。
また野菜も根の一部が切られることでより強い根になり土の中の栄養分を更に多く吸収してくれるようになります。
これはほんの一例ですが作物が元気に育つように日々このような作業を行っています。

収穫は目で見て確認してから

同じ作物でも生育状態によって収穫日は違ってきます。
全ての作物を自分の目で確認して良いと思ったものだけを収穫します。
収穫されたものはどれも手間暇かけて育てた自慢の野菜です。
採れる野菜は季節ごとにかわりますのでブログメールでのご確認をお願いします。


現在野菜の通信販売はセット販売のみ行っております。
お受付はメールより行っておりますので下記よりお気軽にご注文下さい。